クリウン韓ドラ!

. 光復節!女優ソン・ヘギョ、光復節を迎え


こんにちはぁぁぁぁ~~~~あ


今日も雨・・・・・うんざりですね



皆様の所はいかがですか?



溜まったお洗濯もの・・・・・・乾燥機が置くところあればな・・・・・・狭いから


雨なんて気にしなくてもいいのにね娘の所は乾燥機だけ


マンションだとね広くていいよね



ふうううううう




今日は終戦記念日~~~~言い換えれば


敗戦記念日(笑)



婿殿お母様~~~今日センイルだって昨年も書いたかな?




日本が終戦なら韓国は独立記念日


光復節







光復節 (韓国)
朝鮮の解放[編集]
大韓民国政府樹立国民祝賀式
(1948年8月15日)

光復節(こうふくせつ)とは、朝鮮の大日本帝国(日本)からの独立を祝う大韓民国の祝日である。8月15日。


南山国旗掲揚台の太極旗
(1945年8月25日)
朝鮮半島は韓国併合(1910年)以来、日本の統治下にあったが、1945年8月15日、大日本帝国が連合国の発したポツダム宣言を受諾し降伏することが発表されると(玉音放送)、朝鮮人にとってそれは第二次世界大戦の終結のみならず、朝鮮の日本による統治からの解放(「光復」)を意味するものであった[1]。同日、朝鮮総督府政務総監の遠藤柳作と、朝鮮独立回復運動家の呂運亨との会談がもたれ、日本側からの条件では日本人の安全および財産保全、朝鮮側からは政治犯釈放や食糧確保条件がだされ、行政権を朝鮮総督府から朝鮮側に委譲されることで合意が得られ、同日発足の朝鮮建国準備委員会に委譲されることとなった。翌日の8月16日、ラジオ放送で、行政権の委譲を発表、5千人程度の公然集会で、呂運亨が報告する。

朝鮮は民族解放の喜びに沸き立ち[2]、各地で日章旗が降ろされ、朝鮮王朝時代からの国旗である太極旗が掲げられたと言われている。政治犯(多くが共産主義者であった)のほとんどが日本本土では10月10日まで釈放されなかったのに対し、朝鮮半島ではその多くが8月16日と8月17日に釈放され、8月17日には朝鮮神宮が焼き討ちされた。朝鮮の「解放」を受け、朝鮮半島のさまざまな地域で共産主義者による人民委員会が自然発生的に結成されたとも言われている[3]。

9月2日、日本及び連合国各国は降伏文書(休戦協定)への調印を行った。連合国側はヤルタ会談に基づき、朝鮮半島を米英華ソ4ヶ国による信託統治下におく計画を持っていたが、結局、北緯38度線を境としたアメリカ合衆国及びソビエト連邦の分割占領に至り、朝鮮のその後の歴史に大きな影響を与えることになった。






35年近くも日本の統治下だったね



その当時の方の心のうちは考えると・・・・日本が嫌いでも仕方ないですね


その反対も今でも根強く思う人もいるわけで・・・・・・



2度と戦争はしてはダメです・・・・・・けど・・・・・北は何を思うのか











女優ソン・ヘギョ、光復節を迎え日本に“韓国歴史遺跡”紹介する案内書寄贈


【公式】女優ソン・ヘギョ、光復節を迎え日本に“韓国歴史遺跡”紹介する案内書寄贈


20170815e1.jpg
拡大写真

韓国女優ソン・ヘギョ(35)と誠信女子大学のソ・ギョンドク(徐敬徳)教授(43)が光復節(日本統治から解放されたとする韓国の祝日)を迎え、京都の「韓国歴史遺跡」を伝える。




 韓国女優ソン・ヘギョ(35)と誠信女子大学のソ・ギョンドク(徐敬徳)教授(43)が光復節(日本統治から解放されたとする韓国の祝日)を迎え、京都の「韓国歴史遺跡」を伝える。

 海外の韓国歴史遺跡に韓国語の案内書を提供してきたソン・ヘギョとソ・ギョンドク教授が15日、光復節に合わせて「海外で出会った韓国の歴史話-京都編」案内書1万部を寄贈したと明らかにした。

 今回の案内書は韓国語と日本語で作成され、丹波マンガン記念館、尹東柱詩碑、高麗美術館、耳塚などの京都内にある韓国歴史遺跡に関する紹介および訪問方法などを全面カラーで詳細に綴られている。

 企画したソ教授は「中国の韓国遺跡には場所ごとに寄贈をしたが、日本側からは案内書の許可が出ず、韓国の若者がたくさん利用する京都および大阪地域の民宿10か所に寄贈することになった」と伝えた。また、「京都の有名観光地を訪問するのもいいが、半日程度を割愛して京都に位置する韓国歴史遺跡を訪問するのも大きな意味がある。無料で今回の案内書を提供することになった」と述べた。

 案内書の作成を後援したソン・ヘギョは「こうした小さなこと一つが京都を訪れる韓国人観光客の役に立ち、海外に広まる私たちの歴史遺跡にさらに関心が傾くことを願う」と伝えた。




ヘギョちゃん~~~~日本の車のCMのオファーを断った!


色んな思いがあるね~~~~それも人それぞれです



ではまたねぇ    
スポンサーサイト
. プロフィール

フーミ

Author:フーミ
FC2ブログへようこそ!
周りにどの位の「愛しい人」
「大切な人」がいますか
日々の暮らしを織り交ぜながら
楽しく鑑賞した韓ドラを応援します

気になる記事をチョイス!


もう1人いました・・・・・

誤字脱字は許してね!

誹謗中傷はこちらの権限で削除します

※拍手!コメントが励みになります!どうぞよろしくお願い致します


掲載する画像と動画について:このブログは個人的なもので使用している画像、 動画等の著作権はその著作権元にありその権利を 侵害するものではありません





Instagram

. カテゴリ
. カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR