FC2ブログ

クリウン韓ドラ!

. 誘惑’クォン・サンウ・チェ・ジウが再演俳優のように感じられる時

今日の記事

レビューがあがってますね


うううううううなずける・・・・・・参考まで


今日はそれをひっくり返す何か~~~ストーリーでもターニングポイントになって


誘惑’クォン・サンウ・チェ・ジウが再演俳優のように感じられる時
:[ 2014-08-11 16:15 ]

1407741410_1.jpg


誘惑’が視聴者を誘惑するのに失敗した理由

[エンターメディア=小説家パク・ジンギュのわき腹tv] SBS月火ドラマ<誘惑>に誘惑されることはそんなに容易ではない。 <誘惑>に似合わないようにこのドラマは怠けてさっぱりしない。 ふっくらと出てきた下腹を手でがりっとかいて油っこいコメントを飛ばす部長さんの無駄になった誘惑が浮び上がるほどだ。 一時最も上手く行って今でもなかなか良いビジュアルを大事に保管したスターを前面に押し出したこの作品がなぜこのようになったのだろうか? もしかしたら<誘惑>銀がドラマが主な素材としている不倫に対してとても容易だと考えていたのではないだろうか?

事実不倫は朝ドラマから週末ドラマに至るまで退屈な時ごとに登場する古臭くて甘い素材だ。 だが、いつも人々の興味を引くネタでもある. この古いネタを挟んでどれくらい意味あるように視聴者を釣るかとの作家と演出者、そして俳優の力量にかかっている。

今年の初めSBSは<暖かい言葉一語と>というドラマを通じてこの古臭い素材を持って比較的意味のある作品を作った。 この作品は結婚したこれらの感情的な空虚、ショーウィンドー夫婦の人生に対する洞察を見せることによって結婚の意味を十分にかんで見ることができるようにした。 最近JTBCの<密会>また、単純に若い男と人妻との痴情でない階級を跳び越える人間と人間間の感情を密度あるように描き出して作品性あるドラマという(のは)何か証明するとみられた。



それならヒット作<天国の階段>で会ったクォン・サンウ、チェ・ジウが遭遇して<ピエタ>の、イ・ジョンジンと<ハイキック>のパク・ハソン 主要人物で登場する<誘惑>だけの弁別点(店)は何だろうか? おそらく<誘惑>の弁別点(店)は10億にあったようだ。 このドラマの初めての場面は香港行く飛行機の中を見せる。 四人全く同じ飛行機に乗るがユ・セヨン(チェ・ジウ)は1等席チェ・ソクフン(クォン・サンウ)一般席の席に座る。 同性グループ代表であり冷静な女性セヨン(チェ・ジウ)と破産に達した若い最もソクフンは資本主義という巨大なピラミッド食物連鎖内で階級自体が全く違う人間だ。





だが、香港でセヨンは荒っぽさを失わなかった男ソクフンに風変わりな魅力を感じる。 セヨンは彼を誘惑するためにあるいはこの男の時間を所有するために10億というものすごいお金を提示する。 だが、このお金のためにソクフンと彼の妻ナ・ホンジュは経済的破産にも体験しなかった危機に処する。 すぐに妻ホンジュがその間積み重ねた夫ソクフンに向かった信頼をなくしたためだ。



1407741410_2.jpg


多分序盤の<誘惑>はこのように単純な不倫ドラマでない物質に真実の愛がもてあそばれる話を見せてあげたかったのか分からない。 だが、そのような兆しはぴったりそこまでだ。 その後でこのドラマはそれぞれの主な人物を極めて陳腐なキャラクターで作っておいて誘惑でない誘惑の話をひろげる。

チェ・ジウが演技するセヨンは時間が流れるほどカリスマは消えてソクフンに頼る明らかな女主人公に変わって行く。 パク・ハソンのホンジュはあらゆる事を疑って全てのものに対してぶつぶつつぶやく女性に変わって久しい。 クォン・サンウのソクフンやはり妻に叱り飛ばして謝って、セヨンに親切に対して決定的な瞬間に後に陥るのが全部。 イ・ジョンジンの悪賢くあるカン・ミンウだけがこのドラマで唯一生きている雷魚のようにぴょんぴょんと跳ぶ。 だが、ドラマ中盤部に達した今まで実質的に彼がしたことは<ワン サマーナイッ>バックミュージックと共に香港にあった隠した息子内米を韓国に連れてきたのが全部

しかも中盤部に達した今まで<誘惑>は人物間のきっ抗した感情対立を見せたことがない。 彼らはぶつぶつ言って、訴えて、独白して、いつのまにか遅々と進まなくて意味ない関係を継続する。 状況がこのようにみると彼らが吐き出す台詞はいつも説明的で、常套的であり、退屈だ。 同じように不倫を扱った<私の男の女>のように針のように鋭くささる大使や脳裏にさっと打ち込まれる場面のようなものない。 <青春の罠>の“あなた、壊してしまうのだ。”のように相手に対する怒りを短いが強烈に圧縮する大使もまたない。



1407741410_3.jpg

それにもかかわらず<誘惑>は見る人々の目をひきつけることはある。 だが、ドラマが始終一貫維持する真剣な雰囲気に誘惑されては違う。 どこかこの作品がコミカルに近づくからだ。 <誘惑>の画面と情緒はかなりなめらかだがその好みが90年代に留まったようにまれにやぼったい。 それでドラマは真剣な場面は意図とは違いたびたび失笑を含むようにする。 時をわきまえず登場する激情的なピアノと弦楽器の登場、ワイシャツを巻き上げたまま仕事に没頭する男の前腕を見て切ない表情をつくる女主人公の顔を捕まえる食傷ぎみである場面のようなもの話だ。

それで特急(特級)スターが主人公で登場する<サプライズ>のような再演ドラマや思い出のカラオケ画面を見るようなアイロニーなおもしろい。 もちろん美しくてハンサムな主演級俳優が不意に再演俳優のように感じられる理由はこのドラマが必ず‘サプライズ’するだけではないようなことではある。



スポンサーサイト



comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://kswnanoca.blog130.fc2.com/tb.php/2675-5739d465
. プロフィール

フーミ

Author:フーミ
FC2ブログへようこそ!
周りにどの位の「愛しい人」
「大切な人」がいますか
日々の暮らしを織り交ぜながら
楽しく鑑賞した韓ドラを応援します

気になる記事をチョイス!


もう1人いました・・・・・

誤字脱字は許してね!

誹謗中傷はこちらの権限で削除します

※拍手!コメントが励みになります!どうぞよろしくお願い致します


掲載する画像と動画について:このブログは個人的なもので使用している画像、 動画等の著作権はその著作権元にありその権利を 侵害するものではありません





Instagram

. 月別アーカイブ
. カテゴリ
. カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR