クリウン韓ドラ!

. ARENAアルフレッドダンヒルのロンドンフラッグシップショップ


こんにちはあぁぁぁあ~~~~あ


今朝はのんびりしてお寝坊さんでした


お休みの日はお寝坊できるから幸せ


暖かいお布団から出るのが勿体無く感じますね

皆様は如何ですか?


夕べは会社の人が帰ったあと二人でお出かけ


そこへお友達から家においで!と誘われ遅くまで楽しい時間を過ごしました


帰ってDVD見てたらドンイルさんが悪役してた

テヒさんの「チョン・オクチョン」悪役も板についてます






さて今日は野王が放送ですね~~~私はオクチョン見ます



先日のARENA

Londonで撮影でしたね



アルフレッドダンヒルのロンドンフラッグシップショップBourdonHouse




日本でも格調高いDunhill


外観も風格ありますね


中国サイトからお借りして来ました


2014年10月、権相祐が2014年のダンヒルの林克斯のゴルフのチャンピオンシップに参加した後に、ロンドン撮影ダンヒルの画報に向かいます。
アルフレッドダンヒルのロンドンフラッグシップショップBourdonHouse、ジョージ王朝の時期の2級を建てて建物を保護するので、イングランドの伝統の気高くて盛大なのを代表して、ダンヒルの創始者AlfredDunhillの精神の郷里です。内小売り区、DISCOVERYROOM、個人映画館、トップクラスレストラン、ゲーム室、葉巻たばこ原始の酒の穴蔵、バーを設けます……



2015011900917_1.jpg



503351da81cb39db839f44a8d3160924a91830e3.jpg



【権相祐がアルフレッドダンヒルのロンドンフラッグシップショップBourdonHouseの英式理髪室の中で】
ALFREDDUNHILLの家は伝統の英式を提供して相手にしてサービスを収容して、専門の人に一心に紳士の容姿端麗で有能を世話させて、およびきめ細かいのはでたらめにサービスを修理して、勢力のある人達を更に完璧に生き生きしている顔つきが現れさせます。


2015011900917_0.jpg


ダンヒルバーバリー1

ダンヒルバーバリー2


BourdonHouseのパイプ館と葉巻たばこ館は地下室に位置して、装飾は古典で高尚・上品です。

1c78a0ec08fa513d58b67d203e6d55fbb3fbd923.jpg

2d1b08fa513d269726cf19a356fbb2fb4216d823.jpg

b4e5b31bb051f819d1c113b4d9b44aed2c73e75b.jpg


BourdonHouseDunhill全シリーズの服装、皮の件、筆記具、葉巻たばこのパイプを売り出す以外、英式の紳士の散髪ホールとSPAもある。もしもイギリスロンドンに行って、1回のAlfred Dunhillロンドン会館を行きますとよくて、イングランドの勢力のある人の魅力を少し経験します。


0ab3ebf81a4c510f48a9fae46359252dd62aa5d2.jpg



濃い色の錬鉄の家具と黒い石、緑の草、補色の花や木のある庭の景色は目に入って、ロンドンMayfair区のBourdonHouseに入って、1階の木質の色調の内で設置してすばらしいものが数多くあるジャンバー、革製品、サングラス、ペンと小さいものを展示していて、沿道で2階上がって、整然と並ぶ生地の様式、度量の道具は薄暗い照明の下でもっと落ち着いている息を配って、これは洋服の注文して作らせる裁縫室で、装飾の使う壁紙さえ洋服の生地で製造して、隣は1つの皮のオーダー制室で、地下室のワインは葉巻たばこと伝統のイギリスの酒類と食物を提供して、貯蔵室の中でほど良い暖かい湿度、すべての葉巻たばこの風味に表現するのが詳しく徹底的にならせます。



b42cb6fd5266d01628ee86d6942bd40737fa354b.jpg


これは西の元の1720年のジョージ王朝の時期の2級を建てて建物を保護して、イギリスウェストミンスターの公爵がその時ロンドン官邸、2008年から、この3高い建物の古い建物中でみなそろっているサービス、それを提供したのがブランドAlfredDunhill男にあげる“家”です。
上流社会の冒険的なの、多分ヤッピー精神の体現で、例えば20世紀初めのイギリスにあって、自動車を運転するのは少数者の気晴らしの娯楽で、上流社会は冒険的な勢力のある人の名高い人たち、富む家の若君が高の騒音のエンジンの駆動するオープンカーを運転しているのが好きで、身分が非凡なことを象徴して、更に重要なのは自分のを代表するのがさっぱりしていてで、その時代にあって、AlfredDunhillは冒険的な勢力のある人の名高い人たちの中の一つを最も愛するのです。20世紀初めのロンドンは“Dunhill'sMotorities”を創立して、自動車の運転と搭乗を専売して部品に関連していて、現状のAlfredDunhillに満足しないで、若い時はよく冒険的で、よく発明して、ロンドン大通りの上でやはり(それとも)往来が頻繁な馬車の時に、彼は全城の第1台の自動車を買い取って、かつ忠実な車を運転する愛好者になります。同じく心から愛して車を運転するため、彼は志して最も時使う革製品を運転するのに適合するのを発明して、その時高い走る時速は12マイルだけあったが、しかしAlfredDunhillの開く運転と搭乗のファッション、アクセサリーの店、坊ちゃんの勢力のある人の運転と搭乗の外の楽しみを提供して、その時Conduit大通りとSavileRowの2社の商店にあって、“自動車の運転者の裁縫店”と称させられて、192ページのディレクトリは中1457種類の異なる種類のアクセサリーの商品を供給しました。
1903年、AlfredDunhillは走っていて彼のdeDion自動車、Cobhamのポーツマス道路の上でスピードをオーバーするのため警官に逮捕させられて、彼そのため“BobbyFinder”という警官の探測器を発明して、外観は車を運転する保護めがねと双眼鏡に介在するようで、半分マイルの外で警官の存在を発見することができて、車のスピードを調整して遮らないことができるのを運転して、この発明はAlfredDunhillと警官に提げ手を下へ結ばせたけれども、その時のたくさんの石油の有力者の愛顧を博して、次から次へと42~63シリングの代価を取り出して、自分に譲ることができて反則の刺激する快感を享受して、同じく迎えてその時の名高い人たちの勢力のある人のついて行きました。彼の創立したブランド、20世紀初めからたくさん同様に冒険的な紳士が好きなことを引きつけて、若いウェールズの親王を含んで、イギリスの皇室の人の潮流の味わうウィンザー公に影響するのはすべて常連です;20年代の後で、ブランドは米国とヨーロッパのその他の国家に入って、同様に王室の貴族などの上流の人々を引きつけて、その中はまた(まだ)1モデルのDunhillライターのピカソを心から愛するのを含みます。

半分世紀以上を通って、2度の世界大戦は、数回の経済がないのは不景気で、危機、しかし危険を冒して物に恋するのと依然としてたくさんの社会のエリート、中産階級の紳士所の切に待ち望む気持ちです。入って1つの一生が物が熱烈な趣味のイギリスの勢力のある人の家がありに対して冒険的なの、を心から愛して、彼の収集しのでことがある1つの古臭いライター、もしかすると同様にライターに対して愛好の紳士を収集してそれに対して参与する時代の望みに間に合わないがのいる引き起こすことができます。再建させられたこちらの勢力のある人の派手な生活環境の下で、すべての男はすべてまるでそれに身を置いて誰(で)も運転手、個人の裁縫、伝統を持って収容するすばらしい貴族の年代を相手にします。

“私達は顧客がここで家でを感じるのを望んで、ひとつのはリラックス、社交、が時間の場所を行かせることができます。”ブランドは総監督JasonBeckleyに販売して言って、ロンドンの“家”、最もAlfredDunhillその時代の名高い人たちの勢力のある人の典型的な生活を順次伝えることができるのだと思われます。ロンドンの“家”の中で、1/2の部分は地区を小売りしないので、会員制をとって、ロンドンの勢力のある人のクラブを向こうへ行って、クラブの許可に入りを得ても会員のおすすめを通らなければなりません。

AlfredDunhillの“家”の中で、男の得る帰属は思って、無事に暮らすのではなくて、ところが同様に心から愛して危険を冒して認める味わう相互があります。



これもこの近辺で撮影したものでしょうね?


B7d76MNCEAEd6aN.jpg


20世紀初めに運転するのは娯楽だったんですね

今では仕事の足無くてはならないものね・・・・・はぁあ現実的で


ミアネョ

サンウさ~~~ん!リホたんアッパの優しい声で眠るのかな

私も


今日も幸せに


愛していますよぅぅぅぅう


ではまたねぇぇぇえ 楽しい休日を ばいちゃ




スポンサーサイト
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://kswnanoca.blog130.fc2.com/tb.php/3310-a6e699bb
. プロフィール

フーミ

Author:フーミ
FC2ブログへようこそ!
周りにどの位の「愛しい人」
「大切な人」がいますか
日々の暮らしを織り交ぜながら
楽しく鑑賞した韓ドラを応援します

気になる記事をチョイス!


もう1人いました・・・・・

誤字脱字は許してね!

誹謗中傷はこちらの権限で削除します

※拍手!コメントが励みになります!どうぞよろしくお願い致します


掲載する画像と動画について:このブログは個人的なもので使用している画像、 動画等の著作権はその著作権元にありその権利を 侵害するものではありません





Instagram

. カテゴリ
. カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR