クリウン韓ドラ!

. 今日のチョイス!2






史劇の中でもこの方法ね



切腹と 賜薬(サヤク)


どちらも遠慮したいですね




「死罪の方法もこんなに違う」



colum.jpg

朝鮮王朝時代を象徴する王宮・景福宮(キョンボックン)の正殿だった勤政殿(クンジョンジョン)(写真提供:ロコレ)


■賜薬とは何か

 江戸時代、士農工商の最上位にいた武士が死罪を命じられたとき、名誉ある死に方は切腹だった。

 腹を切り刻むわけなので、とてもむごいことなのだが、それが武士にとっては誇りを保てる死に方だった。

 一方の朝鮮王朝。高貴なお方が死罪を命じられたときは毒薬を仰いで絶命するのが名誉ある死に方だった。

 毒薬は国王が賜る形を取るので、その死罪のことは「賜薬(サヤク)」と呼ばれた。毒薬の中身は砒素とトリカブトだった。

 韓国時代劇を見ていると、毒薬を呑んだ高貴なお方がアッという間に息絶えるが、実際にそんな即効性はなかった。

 飲んだ人は5時間くらい苦しんでから死ぬのが当たり前で、中には一晩中も悶々と苦しんだ人もいたという。確かに、名誉ある死に方なのだが、肉体的にも精神的にもむごい方法だったのである。

 朝鮮王朝ではなぜ高貴なお方は毒を仰いで死んだのか。


■現代韓国では事情が変わった

 毒を仰いで死んだのは、身体を傷つけないためであった。 

朝鮮王朝では儒教を国教にしていて、その思想が国土の隅々まで浸透していた。儒教の最高の徳目は「孝」である。親孝行こそが一番大切であると信じられた社会では、親にもらった身体を傷つけるのは、親不孝の最たることであった。

 そういう事情があって、たとえ死罪になっても身分が高い人たちは身体を傷つけずに死んでいったのである

 江戸時代の切腹と、朝鮮王朝時代の賜薬。同じ時代でも、日本と朝鮮半島では身分が高い人の死罪の方法が対照的であった

 時代が下って、現代の韓国はどうか。

 まったく逆のことが起きている。美容整形のことだ。親にもらった身体の一部(主に顔)にメスを入れる人がいるのである。

 ただ、それは親も承知のうえだ。

 むしろ、親が高校を卒業した娘に勧めるケースもある。「娘の将来を考えると、そのほうがいい」と親が判断して費用まで出すのである。

 

朝鮮王朝時代の親孝行の概念は、現代韓国では通じなくなっている


美大国韓国だものね


面白いですね



スポンサーサイト
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://kswnanoca.blog130.fc2.com/tb.php/4265-e6c17af6
. プロフィール

フーミ

Author:フーミ
FC2ブログへようこそ!
周りにどの位の「愛しい人」
「大切な人」がいますか
日々の暮らしを織り交ぜながら
楽しく鑑賞した韓ドラを応援します

気になる記事をチョイス!


もう1人いました・・・・・

誤字脱字は許してね!

誹謗中傷はこちらの権限で削除します

※拍手!コメントが励みになります!どうぞよろしくお願い致します


掲載する画像と動画について:このブログは個人的なもので使用している画像、 動画等の著作権はその著作権元にありその権利を 侵害するものではありません





Instagram

. カテゴリ
. カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR