クリウン韓ドラ!

. 全面否認


おはようございまぁぁぁぁあ~~~~す


月曜日ですね


梅雨の晴れ間で毎日暑いですね



皆様の所はいかがですか?




夜が寝苦しい~~~~~むりしないで快眠設定でクーラーつけてます

クーラーぎらいでも眠れないのはシロ


今のクーラーはよくできてますよね



北海道でも地震が頻発してますね


油断大敵です






さて今朝のTVでも放送してました

見てる限りでは一般の記事そのまま







警察、パク・ユチョン・告訴人と対面尋問も検討


2016-07-04 06:57:00


78997243_2.jpg


歌手兼演技者パク・ユチョン.



陳述交錯して…嘘発見器・対面尋問検討

歌手兼演技者パク・ユチョン(30)の性暴行疑惑事件と関連して警察が嘘発見器調査および告訴人と対面尋問を検討している。





3日今回の事件を捜査中であるソウル 江南(カンナム)警察署側によれば先月30日被疑者身分で警察に出席したパク・ユチョンは調査過程で関連疑惑を全面否認した。 以後警察は1日と2日二日の間最初の告訴人Aさんなどを呼んで調査を行った。 Aさんは告訴を取り下げる当時とは違って“強制性があった”という趣旨の陳述をしたと分かった。

警察はパク・ユチョンとAさんの陳述がこのように交錯するだけに両側に対する嘘発見器調査とともに二人に対する対面尋問が避けられないと判断した。 警察関係者は“事件の情況や鑑定上の有無など両側の陳述が皆交錯した”として“嘘発見器調査が法的証拠で効力はないが事実関係など情況を把握するのに必要だ”と明らかにした。 対面尋問の具体的な日程は決まらなかったけれど、事件に対する一般医関心が大きいだけ最大限早期に進めるという計画だ。 警察は近い将来パク・ユチョンとAさんなど両側に追加召還日程を通知する予定だ。

一方警察はパク・ユチョンの口腔細胞を採取して国立科学捜査研究所に送った。 調査結果は早ければ今週出てくる。 だが、パク・ユチョンのDNAとAさんが証拠で提出した下着から出たDNAが一致するといっても性暴行疑惑を簡単に適用できないという展望も提起される。 これに伴い、事件の核心の争点である強制性可否を確認するための嘘発見器調査および対面尋問が重要な変わる要素として作用するものと見られる




その会見に同行した記者さんの心



パク・ユチョン召還、まばたきする間過ぎ去った'10年同じ10秒'


歌手兼俳優パク・ユチョン警察召還調査取材文


"午後日程終えて収支(樹脂)が江南(カンナム)警察署行って待機していて。"

朝が明るかった。 1時間30分がかかる出勤途中、達した出勤、急いで戻る先輩たち隙間で適応しかも適応の反復だった。 午後ミュージカル製作発表会取材まで気が気でない一日を送った後私に残ったのは退勤でないまた他の取材処である江南(カンナム)警察署であった。

先月30日午後6時30分頃性暴行疑惑で訴えられた歌手兼俳優パク・ユチョン(30)の警察召還調査があった。 この日午後2時取材のため先輩記者について行ったミュージカル製作発表会現場にはクラシック旋律が鳴り響いたし俳優は大笑いをさく烈させたし記者席に座っていたひとりはいらだっているように時計を見ていた。 '江南(カンナム)警察署取材が4時間30分程度残ったんだな'といいながら話だ。





製作発表会取材後江南(カンナム)警察署へ向かう足取りが重かった。 世間に大きい衝撃を与えた事件だったので取材にともなう負担感もあった。 また、中学生時期パク・ユチョンが属したグループのソニョペニオットンことも心を重くした大学入試後ずっと'私の人生'に忙しかったし、その時期は思い出で美しく埋めておいたままその時の'ファンだ'をはるか遠くに忘れたが相変らず彼を記憶した。 週末夕方芸能番組を見て意外に低く独り言で"後ほど'TOTOが'で見ることになれば本当に良いだろう"と口ずさんだ彼を警察署取材現場で会うことになる方法は夢にも思わなかった。


20168522146754033510.jpg


警察署が近づきますゆえ気分がすっきりした。 思い出旅行もしばらく、仕事場にくるので出て行った魂が本来の席を再び探した。 ホットイシュー現場らしく警察署周辺は言葉どおり取材熱気のルツボであった。 多くの取材陣が長蛇の列が出来たし、国内媒体だけでなく国外媒体も幾つもあった。 足取りをはやく移して警察署内部に入ってプレス ラインに席を占めてノートブックをつけて記事を書く準備を終えた。


取材を準備するのに皆が忙しかった。 多くの取材陣で大変な混雑になる中でも約束された時間が近づくとすぐにいくらか静寂が流れた。 皆が警察署入口だけ眺めた。 パク・ユチョンは予定された見解より3分早い時刻である27分に乗合車に乗って到着した。


フラッシュ洗礼があふれた。 彼は"多くの方に心配かけて申し訳ない。 警察調査誠実にして出てくる"と小さい声で話した後迅速に調査を受けに入った。 10秒もならない短い時間だった。

彼が目の前から消えるとすぐにノートブック キーボードたたく声が警察署内部に鳴り響いた。 彼は消えたし皆がモニターを眺めていて頭の中に思い付く考えは'ここはどこで私は誰か'であった。 再度逃げる魂を捕まえて気がついた。 精神を努めて鞭打ちしてみたが、迅速で正確だった先輩たちとは違うようにインターン記者はのろかった。 連結されていたインターネットも切れて日助けなかった。 すべてのことが薄情に感じられた。

何人でもない何秒後、ポータルサイトは'パク・ユチョン警察召還'という題名の記事で壁貼りされた。 あたふた急に後に従って記事を上げたら"お疲れさまでした"とする要人があちこちで聞こえてきた。 合う。 '皆本当に苦労された'という言葉がこのように共感で触れることはまた、初めてだ. '次にはもっと上手くやらなくちゃ'と確かめる瞬間緊張の連続だった江南(カンナム)警察署取材はいつのまにか全部終わった。




とても身に詰まる内容


記者も

あのユチョンと警察の取り調べで合うとは・・・・・・・・・・・


信じられない想いが伝わって来ました



今週にも無実証明できるかな?



では今週もよろしくお願いしまぁぁぁあす
スポンサーサイト
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://kswnanoca.blog130.fc2.com/tb.php/4399-cf05fb09
. プロフィール

フーミ

Author:フーミ
FC2ブログへようこそ!
周りにどの位の「愛しい人」
「大切な人」がいますか
日々の暮らしを織り交ぜながら
楽しく鑑賞した韓ドラを応援します

気になる記事をチョイス!


もう1人いました・・・・・

誤字脱字は許してね!

誹謗中傷はこちらの権限で削除します

※拍手!コメントが励みになります!どうぞよろしくお願い致します


掲載する画像と動画について:このブログは個人的なもので使用している画像、 動画等の著作権はその著作権元にありその権利を 侵害するものではありません





Instagram

. カテゴリ
. カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR